ABOUT US

インフラメンテナンス国民会議とは

OUTLINE

インフラメンテナンス国民会議とは

インフラメンテナンス国民会議概念図

インフラメンテナンス国民会議は、インフラを良好な状態で持続的に活用するために産官学が一丸となってメンテナンスに取り組む社会の実現に向けて、様々な主体が参画し、理念の追求、課題の解決およびイノベーションの推進を図る産官学民のプラットフォームです。本組織は、活力ある社会の維持に寄与することを目的とし、国土交通省および関係省庁が支援しています。

ESTABLISHMENT

インフラメンテナンス国民会議の設立

我が国のインフラは高度経済成長期に集中的に整備され、今後急速に老朽化されることが懸念されています。これらインフラによって人々にもたらされる恩恵を次世代へも確実に継承していくために適切に維持管理・更新に取り組む必要があります。
政府としては、老朽化対策を一体的に推進するため、平成25年にインフラ長寿命化基本計画を策定しました。また、関係省庁は平成27年度までにインフラ長寿命化計画(行動計画)を策定しました。今後、関係省庁および地方公共団体は、個別施設ごとの長寿命化計画を平成32年度までに策定し、戦略的なインフラメンテナンスに取り組むこととしています。
しかし、戦略的なインフラの維持管理・更新を行っていくためには、施設管理者側による厳しい財政状況における維持管理・更新に係る予算の確保や、大部分の社会資本を管理している地方公共団体における技術職員の不足のほか、インフラの維持管理・更新を支える建設業等のメンテナンス産業や地域の担い手の確保等、社会全体として課題に取り組む必要があります。
このため、産学官民が一丸となってインフラメンテナンスに取り組むとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図り、活力ある社会の維持に寄与することを目的として、平成28年11月28日にインフラメンテナンス国民会議が設立されました。